プロフィール詳細

ご興味をお持ちくださいましてありがとうございます!

◎人様の前で歌い始めるまでの 音楽・エンタメ体験◎

<幼少のころ>
・祖母が小さなレコーダーを持っていました。それを借りて、名曲「歌えバンバン」のエセ多重録音にチャレンジ。まずはピアノ伴奏を録音、次にステレオでそれを流しながら、スピーカーの前でリコーダーで主旋律を引き立てるためのオブリガードを演奏し、その音をレコーダーで録音。さらにピアノとリコーダーが録音された音源に、同じ要領で鍵盤ハーモニカを乗せ、最後に歌を入れるという、根性と集中力が必要な遊びをしておりました。一人っ子という環境もあり、だれにも邪魔されることなく自分の世界を追求できました
・「オレたちひょうきん族」というお笑いのテレビ番組がありました。(wiki情報では1981年~1989年までオンエア)当時、3~11歳だったので、お笑いはあまり判りませんでしたが、エンディングテーマの山下達郎やEPO、ユーミンのサウンドは理屈を超えてビリビリ来ました。その音楽の格好良さに、身体の内側からドキドキとソワソワがわき上がり、どのように対処すべきか判らなかったのを、今でも覚えております(第一次音楽ショック)
・ファミコンゲームのドラゴンクエストが流行。劇中歌のオーケストラバージョンCDを友人から借りてびっくり。何気なく聴いていたゲームの音楽が、こんなにも広がるのかと感激。ゲーム中の音楽は、音数が少なくてシンプル(それも素晴らしいです)なので、オーケストラ用にアレンジされたときの奥深さを耳にして、失神寸前でした


<中高生のころ>
・中学校に入学した4月、ブラスバンド部の「新入生勧誘コンサート」の演奏を拝聴。とてつもなく格好良くて「アンサンブル最高~!!わたしもやる!!」と、すぐに入部を決意しました(第二次音楽ショック)
・ブラスバンド部では打楽器を担当。入部当初は、上達できないもどかしさや、体育会系文化部ならではの年功序列制度が厳しく辛かったですが、アンサンブルに身を投じる幸せはそれ以上でした
・年を重ねるごとに、演奏以外もコンサートの企画や脚本作り、ポスター描き、司会など、自由にさせていただけたのでとても楽しかったです
・そのころ聴いていた音楽はユニコーン、ザ・イエローモンキー、コーネリアス、オリジナルラブ、キャロルキング、ジェイムステイラー、ビートルズ、両親の影響でエルビスプレスリー、アメリカンオールディーズ、イブモンタン、ジャズ、山下達郎、昭和歌謡など雑食でした
・特に好きだったのはユニコーンとザ・イエローモンキー。バンドスコアを購入し、自分の好きなプレイの部分に丸を付け悶絶していました。また、好みの曲のコード進行に、勝手に違うメロディーを乗せて再作曲する、というオリジナルの慈しみ行為や、頼まれてもいないのに、沢山の丸が付いたバンドスコアとCDをセットにして、友人に無理やり貸して同じ快感を味わってもらう、という愛の押し付けも行っておりました
・友人達からは宝塚、現代舞踊、プロレス、サブカルチャーなどを教えてもらい、エンタメの見識を広げてもらいました
・振り返ると、当時の行動理由のほとんどが「友達や先生に笑ってもらいたい」でした。共学だったなら「モテたい」や「かわいいと思われたい」だったのかもしれませんが、女子校は異性の目を気にする必要がないのです。そして、わたしの快感って“お相手に笑ってもらうことや喜んでもらうこと”だね、と徐々に気づき始めます

<18.19.20歳のころ>
・心理学の専門学校に入学、ただ学校にはあまり行かず、近くにあった大学のジャズ研に混ぜていただき、そちらにたくさん通っていました。そのジャズ研は誰でも入れるサークルで、たまたまその存在を発見でき、実にラッキーだったと今でも感謝しています
・サークルでは全国から集まった個性的な方々と出会い、世の中の広さを実感。己のトンガリおしゃれ趣味なんぞ一切通用しないと学びました。ジャズ以外にもソウルやR&Bなどの音楽を始め、映画、文学、漫画、お酒なども教えてもらいました(第三次音楽ショック)
・ジャズ研ではドラムを担当。ただ、アンサンブルの中でメロディーを奏でることへの憧れもあり「歌いたいわあ……」とひそかに練習(通称「影練」)を始めました
・サークル引退後に本格的にレッスンを始め、徐々にライブ活動を開始。歌手として歩みはじめたのでございました


ジャズを歌ってみたり


ロックを歌ってみたり


カルテットも楽しいです


ビックバンドも楽しいです


◎趣味
妄想……「明日のライブに、尊敬してやまない山下達郎氏がいらしてしまった場合のあいさつの仕方」から「自分が胡麻サイズに縮小しパイロットのカバンに侵入して世界を旅する妄想ストーリー」まで、時間があればあるだけ妄想します

散歩……速足の散歩も好きですし、街中の看板などに突っ込みながらノロノロ歩くのも好きです

◎特技
物まね……担任の先生の物まねでみんなを笑わせていました。身近な人から著名人、モノ物まね(テレビの起動音、トイレの流水音)も得意です

お給仕さんを呼ぶ……声が通るので、どんなに混雑しているお店でもお給仕さんに気付いていただけます


長丁場のお付き合いを、ありがとうございました!
ぜひライブやレッスンに会いに来てくださいね!