日別アーカイブ: 2018年12月31日

年末のご挨拶

大晦日でございますね。
いかがお過ごしですか。
今年の出来事を振返ったり、新年のご準備をなさったりしていますか?

わたくしの2018年は年頭でのご挨拶のとおり
チャレンジの年、スタートの年でございました。

昨年末から始まりました
カルチャースクールでの講師業をスタートラインに、
2018年は個人レッスンも展開させていただきました。
また、自身の芸能活動やシナリオのアシスタントなども
皆様のお支えのおかげで、
それぞれを無事に納めることが出来ました。ありがたや~

行く先々で出会う方から
沢山のことをお教えいただいた1年でもありました。

人間関係に恵まれるのはわたしが唯一
「自分もってる!」と自負できるポイントでして、
それを再確認……。

本当に感謝に溢れた日々を送らせていただき
ありがとうございました。

さて、新しいことへのチャレンジ(音楽コンサル業)とは言いますものの
幼きころより培ってきた芸事や
社会経験を活かしたうえでの事業でしたので
いままでの人生で撒いていた種の回収作業でもあると
日々折々の場面で体感致しました。

回収とは、つまり新たな種撒きとも言い換えられますので
更に高次(且つアホ)のアウトプットが出来ますよう
精進してまいります。

わたくしの師匠が
「技術ばかりを磨くと、内容が空っぽな表現になる。
表現とはその本人がもろ出しになるもの、
つまり、表現者自身が一流のものに触れ
自分の美学を常にアップデートする必要がある」
と仰ってまして。

ご縁に恵まれ、各世代の方に音楽のアドバイスをさせていただいておりますが、
歌が上手くなりたいというニーズを伺うとき、常に思い出す言葉がこちら↑です。

ご本人が知っているものや、
想像できることに、その方は向かって行く。

つまりは、たくさんの格好いいを吸収し、感情を動かすことが
総合的な上達につながる、ということなのでございましょう。

このエピソードをお伝えするとき、
自分の襟もバリっと正した気持ちになります。キリッ!

来年も自分に出来ることは何か考え、それを磨き
皆様に喜んでいただける瞬間や思い出を提供できるよう
邁進してまいります。

今年も大変お世話になりました。
来年も変わらぬご愛顧をよろしくお願いいたします。
コメントをどうぞ