月別アーカイブ: 2月 2014

パーテーいかなあかんねん

お世話になっております
すっかりカフェインの虜ロール 金丸です。
どもー(芳村まりで、人差し指を口元にあてながら)

先日、四畳半セッションの陽気なメンバーと
結婚式の二次会パーテーにて演奏させていただきました。

二次会特有のお楽しみ企画のBGMやら
入場退場のアシスト、またライブタイムの賑やかしなど
音楽をもって多角的に参加させていただきました。

このパーテーの役割を与えるべく
お声掛けくださったカップルは
なんと以前四畳半セッションにたまたま遊びにいらしてくださったお二方

あんなユルダルの我々がですよ?
大切な結婚の儀に一枚かませていただけるなんて・・・
嬉しいじゃないですか!
我々にそのお話を持ってきてくださる、その心意気が格好いいです!

以前よりわたくし個人では結婚式の出し物として
友人や親せきなどなどに遊びで(真剣な方の)歌ってたのですが
やっぱり、お祝いの席で演奏できるというのは
とっても光栄なことだなあと感激しました。

また司会のお姉さんの仕切り方がね~最高だったんですよ
会場の温度への反応、その場に必要な何かをさっと差し出す感じ
男気溢れつつ、優しさもある進行・・・
完全にわたしの好みのアジテート!!
お仕事を伺うと某局のフロアディレクターさんとのこと・・・なるほど納得!
すごとの出来るおんなのこ だ、だ、だ、だいすきです///

最後に新郎新婦がお互いに対しお手紙を読みあうのも素敵だったなあ…
なかなか本当の気持ちを言葉で伝え合う事や、節目の気持ちって
自分たちで作らないと スルーっとしてしまうので
第三者から見てもハートを打つなあと、しみました。

感情がゆれるってたまんないですね。

あの場にいらっしゃった皆さんにまたお会いできることを願ってます。
また演奏したいです

準備中・・・始まる前とお客さんが帰った後の感じはすごく好きだ湾

キラッキラ!

ちなみに木村カエラのバタフライのリクエストをいただきまして
めっちゃ練習しました。多分いま自分のレパートリーで一番上手に歌える気がする

本番ではその曲を絢香が歌ったらバージョンでやろうと妄想してたのに
白ワインのせいかしら・・・すんごく普通に自分の声でやってしまいました。あれれ。

木村カエラですきなのはBANZAI
・・・とPV貼ろうと思ったんですがyoutubeに落ちてない~!!フー権利厳しい~
(いいのいいの)

よって最近バンドのおにいさんに教えてもらって
ずーっと聴いてるこちらをどんぞ


流れと全然関係ねー!でも格好いいわあ
またカキマ!happy wedding!

コメントをどうぞ

tonic water

こんにちは。
おにぎりの具は昆布かおかかが好き金丸です。
通年では牛乳と、夏場はアイスコーヒーと一緒に食べると美味しいと思います。

さて、先日活かしたセンスの友人と
ぺちゃぺちゃおしゃべりしました。

人様とお話しすると、己が何を考えているか確認できるというか…

話してて腑に落ちる感触や、呑み込めない感触など
身体の感覚を以て、
脳とハートは素直なところでは何を感じているか、判る気がするんですよね。

それらをきっかけに、もちゃもちゃ自分の鏡を覗いてみたんですけどもね

いてもよい/いちゃいけない問題に関して
「いる」に対し、よい/悪いはなくて
ただ「いる」という事実が存在するだけだなあということと
(もっと言えば、「存在している気がしている」という話ですが
話がずれますのでここではやめます)

ただ元気のない友達に
「いていい?」と聞かれたら
「もちろんだよ~!」と答えたいと思うわけで
それは質問の本質が、上の問題と下の問題は別な気がするからです

あとは
いるんだったらがんばった方がいいと思う
「がんばる」を言い換えるならば
「楽しむ」「おもいっきりやる」「自分で考える」
「自分で感じる」「相手の立場になろうと本気で集中して考えてみる」などなど
(相手の立場になろうとすることは、己に集中力がないと難しいとおもうので)

ガンガンすすめ!じゃなくて
己の呼吸の速さやタイミングを見つけたり作ったりするということです

考え方や脳やハートのなかは
誰にも邪魔できないわけです

そしてひとりひとりが世界に一人だけで
そのオリジナリティこそが輝きと思いました

そのオリジナリティをお互いに尊重して
いろいろあってよいし、どっちもいいし、
っていう感じが好きだなあと思いながら
バブのおふろに入りました

またカキマ!

コメントをどうぞ

ライブやれました…!

こんにちは。
自分が一番煩悩坊主の金丸です。

2月15日の恵比寿でのライブにご来場の方、
遠隔で応援してくださった方、
どうもありがとうございました。

MCでも触れましたが、文字通りのお足元の悪い中
気が付けば満員のお客様。
みなさまと楽しい時間を過ごせたことは
何よりの幸せでございます…ありがたいです。
ほんとにありがとうございます。

今回は今までのソロ活動よりもネタをいろいろ仕込ませていただきました。
といっても自分で思いつく程度のあれなんですけども

おつまみに入った整理番号でリクエストを募るのも
なぞの行商の方から高額で(?)購入した、
「天使の歌声になる」液体を飲むのも
受けるかなあーと心配だったのですが
大人なお客様のお陰で達成できたのではないでしょうか。たぶん。

演奏に関してはいつものメンバーで安心でした。
メンバーも撮影してくださったtadsさんもyayaのマスターさんも
ほんと素敵な方ばかりです。

わたしの野暮な野望(フー!)に、ちゃんとお付き合いしてくださって
環境に恵まれていることに、こころから感謝しております。

また、初挑戦だった作詞作曲した楽曲をお披露目出来て
それについての嬉しいコメントなどもいただきトライしてよかったと思いました。

タイトルは「ひとりごと」というのですが
またお届けしたいと鼻息を荒くしています。
そしてその時々のアレンジを加えてやっちゃいます!

そうそう、当日撮影していただきました。
危ないものが映っていなければ
準備が整い次第、お伝え出来ればと企んでおります。
よろしくお願いいたします。

ソロのライブはいろいろ学ぶことが多くて
まだ消化しきれてない部分もあります。

みなさまに楽しんでいただける私であれるよう
精進しつづけたいと、雪の中、心に刻み直したのでした…!
(そういう自分が好き、というキモさもある)

イラストは遊びに来てくれたnakashinさんが書いてくださったものです
表現をみて表現でお返ししてくれるって最高ですよね。ウハハノハ!

(ドラマーそっくり…!)

ありがとうございました!
またヤリマ!

コメントをどうぞ