月別アーカイブ: 12月 2012

ものもらいが出来てしまいました

こんばんは。
またもや大晦日です。お変わりありませんか?

またもや、というのは
つい最近のことのように12月31日にブログを書いたと思っていたので
一年間の時間の経過の速さがしみた、結果のそれでした。

おかげさまで今年もいろんなことに挑戦出来ました。
ありがとうございます。

オーケストラと吹奏楽の演奏会で気持ちよく司会をさせていただいたり
いつもの気楽なメンバーとライブをしたり
新しいアーティストの皆さんとの輪が広がり新曲をリリースすることが出来たり

四畳半でセッションで楽しみつつも実は鍛えてもらったり
デュオのワンマンライブにはたくさんのお客様が遊びに来て下さったり
去年末のブログで書いた「何かが解放される感じ」もここ数年の中で
割と多く遭遇出来ました。

一つ一つの行動はばらばらの様で
実はすべてがお互いに作用しあっていて
実りも多く表現に対して様々考えるきっかけを頂戴した年でした。

また、物事はいつ始まるか、いつ終わるかはもちろんコントロール出来ず
人と人の出会いもそうですし、生きること自体も同じだなあ、なんて
感じることも多かったように思います。

わたしは、自分が歌ったりお喋りしたりしている時に
お客さまや、自分の世界に触れてくださった方が
「フフ…」と笑っていただけるのが何より嬉しいです。
恥ずかしいですけども、もうただそれだけです。 アハハのハー!

また来年も皆様にお会いできますように。
皆様の今と未来がキラッと輝きますように。

コメントをどうぞ

重くてごめーんね(ダチョウ倶楽部さんより拝借)

こんにちは。
世の中で1番好きな時期が今(クリスマス後から大みそかまで)の金丸でございます。

先日のライブの模様を録画していただきましたので
お知らせさせてください。

いつもご協力してくださるtadsさんありがとうございます!
http://blog.tads-net.com/

重たいけど全部貼っちゃうぞ~









わたしMC偉そうですね…
いわゆる「小型犬がよく吠える」 状態ですね。

コメントをどうぞ

映像も近日公開(のはず)

こんばんは。
好きな調味料はお酢、金丸です。

本日の恵比寿でのライブにご来場の皆様
遠隔より応援してくださった皆様、どうもありがとうございました。

実はですね、デュオのような小さな編成でのワンマンは初めてで
色んな気持ちを抱えて臨んだライブでした。

結果としては非常に楽しい時間を過ごせましたし、
もちろん課題はまだまだございますが、
お客様も楽しそうにされていたので挑戦してよかったな~と思うことが出来ました。
ありがとうございました。

みんな生きていらしたし、私も生きてました。

みんなでイエイイエイ、フワフワ!ではない雰囲気のライブの場合、
例えば静かに耳を傾けていただける環境はとってもありがたいのですが
その注目されている感が
緊張を呼び身体がかたくなってしまう事もあります。
基本的にはステージ上なら見られているのは快感

今日は、なぜでしょう。
皆さんの視線や存在そのものから柔らかさ(というのが一番近い)を感じ取り
心を込めて歌うことが出来ました。

また、歌っている時の精神状態っていろいろあって
私の場合の最高は、歌詞がある曲とスキャットの曲でちょっと違いまして
スキャット曲の場合は自分自身が音になって自由に泳いでる状態
歌詞がある場合はその世界に集中しつつちょっと隙間が合って違うことを考えられている状態
なのかなーなんて思うんですよね。

多分こういう感覚って歌う人それぞれで異なると思うんですけども…

まだ自分に入り込んでない曲は歌うこと自体に精一杯だったり
慣れ過ぎてると完全に違うことを考えちゃったり(そんなことはしませんよ?)
ただ今日は最高の精神バランスの10秒間が2.3回訪れてくれたような思い出があります。
思い出すだけでまだドキドキが止まらないです…
なんだったんだあれは…!!

自分の名義でライブする時に、お客様がいらっしゃってくださるか不安だったし
そもそもこの内容で人前に出せるものなのかと自問自答しましたが
やってよかったです・・・
デュオは格好良くも可愛くも、明るくも渋くも出来るから
またやって欲しいな~とリクエストを頂戴し、また見たいなんて最高のお言葉じゃないですか。
これに甘んじず精進してまいります。キリリ!

バンドはバンドの良さがあるし、2人は2人だけの世界観がありますね。
手前ミソですが付き合ってくれたまみちゃんありがとうー!
何でも屋の私たちらしい振れ幅の広い演奏会なったと思います。

さて時に特急、時に鈍行の金丸列車はまた走り出そうとしております。
そんな姿を見て滑稽だなとか、面白いなとか、ダサいなーとか
皆様の心身を刺激し、何かのきっかけになれたら嬉しいです。

ほいでは、またカキマ!

 

 

コメントをどうぞ

年長者から学ぶもの

こんにちは。
得意技は思い出反芻、金丸でございます。

毎日とっても寒いですね。
ご体調など崩されてらっしゃいませんか?

わたくしは引越し先の自室が思いのほか涼しく(ここでは寒いとは言わず) 
エアコンと足元のヒーターを併用してます。(なぜかいけない気もする)

引っ越す前は申し訳程度の筋トレをしておりましたが
新居ではそうではなく、また日頃の不摂生もあってか
筋肉量の減少及び体重の増加が気になるこのごろです。
筋肉があると代謝がよく結果暖かいらしいので、再開しようと思いました。

さて皆様、世の中に空気読める・読めないという捉え方がありますが
その上のステージ、「空気読まない」をご存知でしょうか。

読める・読めないには読もうとする意志、ないし読むことが良しとされた上での
話の進みがあるのに対し、
この空気読まない、は、感じたままを言葉として発し、
時に対象となる相手に投げかける状態のことをいいます。
よって会話とはキャッチボールです、などという
そこらのビジネス書とは、全く違う次元の趣をもったやりとりがなされるわけです。

この状態の最たるものが法事での親戚のおばちゃん同士のトークと考えられます。
思ったことをそのまま口にするので内容も辛辣です。

A,B,Cの3人でのトーク

A「うちの犬ね、テーブルの上でごはんたべちゃうの」
B「うちの犬なんかこの前散歩に行ったら、他の犬にケンカ売ってさー」
C「(頷いている)」
A「しかもね、ちゃんとした野菜とか入れてつくってあげてるのよ」
B「犬の写真とかをバックに出来るのがあって、そういうの注文したのよ!」
(ちょっとした間)
A「(Cさんに対し)ねえあんた、白髪増えた?」

どうですか。このかみ合ってないっぷり。
しかし当のお三方はストレスを感じていないようなのです。
(あくまでも憶測ですが)
そして皆さん決して嫌な雰囲気の方ではなく、非常に優しい方で
私の大好きなおばちゃんたちなのです。

このことを母に伝えたところ
「歳とると、ああなんのよ」とのこと。なるほど…

現代の相手の気持ちを汲みに汲みすぎたコミュニケーションに
気持ち悪さすら覚えていた私とって
非常に楽しくすっきり出来たひと時でした。

またカキマ!

コメントをどうぞ

雰囲気の素敵な方

こんにちは。
「少し」「小さい」というのを「おちょこ」と表現したいおとしごろ、金丸です。

先日映画を観にラゾーナ川崎という施設に出向いたところ、
土岐ちゃんが野外イベントをするようで、ちょうどリハをしてらっしゃいました。

彼女の音楽や世界はとても好きで、ライブも何回か遊びに行ったり
CDで楽しんでいたところへ偶然の遭遇。

最前列でリハを見学させていただき、感じたのは
曲も、歌い回しも、お顔もお洋服もちろんの事、
そのひっくるめた雰囲気自体がすごく素敵な方だな~という事でした。

チャーミングで品があって、ほんわかした柔らかさの中にも
大人の女性らしいしっとり感があって
彼女を見つめていたのは30秒間くらいでしたが
目の前で歌っている現実にじわじわ感動し、すごく気持ちよくなれました。
ありがとうございます。

元々マイナスイオンの出ているような人が大好きで、
多分彼女もそうなんだろうなーと。

ああいう年上のお姉さまとお友達になって静かにダメ出しされたりしたいなと
得意の変態妄想をしながら映画館に向かったのでした。


歌詞もサウンドもPVも素敵だわー

コメントをどうぞ