月別アーカイブ: 11月 2012

出したり入れたり

こんばんは。
好きなアイスクリームは31のクッキーで挟んであるあれの、金丸です。

11月もあと少しで終わりですね。
今年は寒くなるのが早いように感じますが皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて、先日12月のデュオのライブの打ち合わせをすべく
ピアニストのおうちまでお邪魔してきました。

打ち合わせも楽しみでしたが、何やら美味しいお菓子とお料理に
与れるとの予報。食いしん坊万歳!

最初は真面目?にライブのコンセプトやら曲を決め、
さすが16年の付き合いだけあって、万能ピアニストは私のやりたいことをサササと汲み
多くを語らず骨子を固めることが出来ました。

そうこうしている間にサックス吹きのお友達も合流。
鼻歌を歌い、この曲なんだっけ?合戦をしたり
最近仕入れた楽しい曲を聞かせ合いっこするDJごっこをしたり
サックスの女子に
「制御不能の浮遊感あふれる曲をやりたいんだけど、なんかない?」と
アドバイスを求めたところ「モードとか。」と言われたのが新鮮でした。
歌のデュオでモードの曲が出来るようになったら、それはそれは楽しそう。

なるちゃんはやっぱり左利きだった…!

どんな音楽が楽しいか、テンポと演奏技術の深い関係、
プロデューサーとディレクターの違い、監督と助監督の違い、
切ない映画紹介合戦などなど話題は多岐にわたり
最後はなぜか全員でアイスダンスの試合を観戦。

打ち合わせ(という名のごはん)は遅くまで続きました。

そして別日、オーボエ吹きの知人と久しぶりのミーティングを開催。
(こちらは遊び)

SNSではやり取りをしていたものの、生身の彼女とは約1年ぶりの再会でした。

SNSには書けない最近の活動模様や考えていることなど意見交換し
昼間からビールやワインをいただき彼女の美しい二重を見つめつつ、
体験やその時の感情を説明してもらったり共有してみたり、
そういうの出し入れするのってすごく重要だな~と再確認いたしました。

すなわちコミュニケーションとは楽しいものだな、と思えた2コマでありました。
貴重だわーありがたや。

またカキマ!

 

コメントをどうぞ

雑記

こんばんは。
水戸黄門といえば東野英治郎だと思っています、金丸でございます。

さて、本棚の整理をしておりましたところ、
大好きな山田太一さんの本が目に留まりました。

そこからしばしの間、頭の中で、太一さん→洋次さん
→そういえばお二人がそれぞれ、同じようなことをおっしゃっていたなあ
→それってなんだっけ…と記憶を追って行き思い出したのは
「自分の身の丈に合った幸せを見極めることが大切だ」とうお話でした。

しかし人間は社会的な存在だから、本当に自分が求めている(であろう)こと以外の
世間体や見た目やブランドに気を取られがちであり、
メガネが曇ってしまう。ただこれは仕方のないことだ、と。

そしてその「自分の幸せはこれかもしれない」の感覚は年を重ねるごとに
より確かにキャッチ出来るようになるそうで、ふむふむそうなのか~と思いました。

ついでに太一さんのインタビューなど読んでみたところ、
すーごく素敵な事をおっしゃっていたので抜粋させていただきますね~

_____

人の気持ちって言語化してないと思うのね。
内面って。だから「あの人嫌い」とかね、そういうことが聞こえたって、
それはもしかすると「好き」って言ってるのかもわからないという。
何か言葉っていうものは、僕はあんまりそれに、つまり信じちゃいけないっていう気がするのね。

_____

やっぱりある年齢じゃないと、できないことっていうのはありますですよね。
だからその年齢、その年齢で、僕は10代が一番素晴らしいとか、20代が素晴らしいとかって
いうふうには思わないですね。

_____

どの時にいても、基本的に言うと自分を愛してるっていうか、
愛してるって言うとちょっと言い過ぎだけども、自信を持っていていいと思うな。
やっぱりそれぞれの時代を呼吸してる面白さっていうのかな。
だから何でもやればいいと僕は思うけどね。

 

コメントをどうぞ

大橋先生はこの曲で飛行機そのものになって空を飛んでいた

おでこの窪みは恋の落とし穴、
京浜工業地帯のツンデレラ(いててて)こと金丸です。

おでこの窪みっていうのはですね、
赤子のころ、テーブルの角におでこをぶつけたらしく
右上のおでこの一部がヘっこんでおりまして、
それを今はやりのももクロちゃんの
自己紹介に乗っけてみました。乗っかりきれてませんけども。

さて皆様、連日の引っ越しネタで恐縮です。
ま、これでも聴きながら読んでくださいませよ。

いままで何度か引っ越しをしておりますが、
これ取っといだんだ…!という再開が訪れるのもこのときならでは。
その過去の思い出たちを一言でいうならば、
自分、割と助平かも、ってことですね。はははは。
あれですよ、直接的にいやらしいものが出てきたという
楽しげな話ではなくて。

いわゆる感動してしまいがちなもの、
自分が気持ちよくなっちゃうものが各種大切に保管してありました。
あーはずかし…

高校三年生の時の定期演奏会の練習日程とセットリストとか、
コンクールのテープとか、いまのところ、いちばんしびれたのは
一つ上の学年の先輩が引退するときにもらったお手紙でした。

読み返してみると先輩方は優しく面白い方ばかりだったなあ、と
本当に人に恵まれている実感で感激で震えています。
S先輩からの「大物ゆうこの将来を楽しみにしております」のコメントに
最近の弛み加減に喝を入れていただきました。
全然大物じゃないですけども…

そんなこんなで自分が18才から24才くらいの思い出に浸りながら
梱包しておりました折、なぜか自分より若い世代、
丁度、24才前後のアーティストさんと交流する機会が最近ありまして。

数名いたうちのお1人は絵描きさん。
彼女は、なんというか静かなたたずまいの中に、強い意志がどっしりしてて、
しかし全く偉そうな雰囲気ではなくて、
自分のリズムで呼吸しているとお見受けするお嬢さんでございました。
また、おめめが大きく色白で、お話を聴いてる最中
吸い込まれてしまいそうでしたわー

その数人の皆さんは
毛穴からやりたいこととか思ってることが
無意識のうちに溢れている様な印象があり
わたくし、そういう方がすごく好きなので
若い世代の才能に触れて感化されて嬉しかったし
やる気が湧いてきました。感謝~

またカキマ!
若き絵描きちゃまに年上のわがまま力を使って
書いていただいた似顔絵。おーふ…自慢だわー大切にします。嬉し!

 

コメントをどうぞ

12月29日

★四畳半セッションという場 in 師走

ご好評いただいております四畳半セッションですが
12月も開催させていただけるそうです。
しかし12月29日って限りなく年の瀬ですよね。

果たしてお客様は遊びに来て下さるのか、ちょっと不安。
そんなお前の不安は俺が拭ってやるよ、という優しいお客様のご来場を
こころよりお待ちしております。

場所 @Dining Bar ZOO(野毛)
start  20:00あたり
no charge

 

shooting star for you

こんにちは。
金丸悠弥呼です。
この名前は先日友人と話していた時、
「お前さん、人様の相談に適当にそれっぽく答えるのが得意だから
新興なんとかを開教すれば?」と
茶目っ気たっぷりの嫌味をいただいたときの、教祖の名前です。
かなまるゆみこ、と発音し、もちろんモチーフは卑弥呼とのこと。


↑ま、こちらでも聴きながらお付き合いくださいませ

空気が冬にスイッチしてきましたね。
ご体調など崩されていませんか?

わたしはアレルギー体質なので、割と気候の変化に弱くてですね。
お肌が冬用のカイカイ反応を起こしつつございます。
ちゃんとケアしたいんですけど、なんせ継続が苦手なもので、
ただ、最近グリーンスムージーをさぼっており、
うるおい不足から脱却したいため再開を試みるつもりです。ガンバ!

さて、引っ越しの予定がありもろもろ準備中です。
自分の保管しているものを改めて見直す作業は、皆様ご存じのとおり非常に楽しいですよね。

スケジュール帳が2004~2011の8年分出てきました。
時間がいくらあっても足りないので、引っ越しが終わったら新居で一杯やりながら
ゆっくり拝んでやろうと思ってます。

あとは、楽しかったごはんやお出かけ時のレシートが保管されており
当時の記憶を思い出しながら鼻の奥をつんとさせてみたり。
取っておくなんて非常に乙女、否、こういうのは実は
男性的な感覚なのかな、と思いを巡らせたのも束の間、
やっぱいらないや!と、びりびりと破きそのままポイしました。ははは。

最近のいろは

・素敵な物事に触れても、こちらが温まってないとキャッチできないので
受け入れ態勢万全でいたいです(その上で要らないものはそう判断したい)

・自分を動かせるのは結局自分なので、自分を動かし続けることが出来るような仕組みを
習得したいと思いました

・可愛い、素敵、楽しい、好き、などはもったいぶらずどんどん感じて
共有したり伝染したらいいです、きっと

・可愛い女の子がどうしても好きで、時間があると2ちゃんで画像を見てしまいます

・好きになるのはみんなでやればいいし、嫌いになるのは1人でやったほうがよさそうです

・「心配して損した」と言われた時、素直にごめーんと思えたら相手のことは好き。
は?頼んでないし。と思ったら気持ちはすでに離れてしまっている様ですね

以上です。
取り留めのない回でした。

またカキマ!

コメントをどうぞ