月別アーカイブ: 9月 2012

雑記

 

急に秋ですね。みなさまお元気ですか?
好きなノンアルコールはミロ 金丸です。

この切ない季節に私のハートをいとも簡単に奪った可愛いダンナ、
彼の名は、き、き、き、奇妙礼太郎~!!

先日、都会派美女のとんちゃん
(ハプバーの取材したり、飼っていたイグアナに冷凍コオロギを与えていた強者)
にアテンドしていただきまして、渋谷www(渋谷うふふふふーじゃないよ)に遊びに行ってきたんです。

去年の秋ごろから心の隅で気になっていた彼への気持ち。
同じクラスの友達に「ねえねえ、わたし××くんのことが好きかもしれないんだけど、どうしよう」と丸投げし
じゃ、セッティングしてあげるよ!と言ってくれたのが彼女だったわけですね。ありがたや…

彼に会いに行く前に取りあえず腹ごしらえということで
渋谷の魚真さんにて美味しいお料理をいただきました。
もし自分が中学生だったら進学先として自由の森学園に入りたいね~と話しながら
過去と未来もすべて包むようなお食事の時間を過ごしました。

そんな中、カウンターに座らせていただいた私たちの目に入ったものは。
あら…?

これはオーダー出来る、ということでしょうか。
カウンター内の従業員の方にあれはなんですか?と伺ったところ
お返事は「今夜空いてるんです」そして「次も多分空いてます」とのことでした。

しかし残念ながら我々の今夜は礼太郎との(一方的な)約束で埋まっていたので
彼の優しくもやや商業的な笑顔とはお別れし、IZAスペイン坂へ。

で、ですね。
奇妙氏のステージは素晴らしかったです。
その人らしさがまさに漏れ出ているパターン、つまり私の大好きなパターンでございました。
以前の演奏から参考までにお載せしてみますね。

このね、「行くぜ~」じゃなくて「行くよ~」の「よ~」にK.O.でございます。
こういう、多分本人無意識のところの優しさみたいのとか、コロン!って。


わたしもレパートリーに取り入れたくなってしまいました。
非常に素敵な奇妙氏、音楽もですが佇まいにもぐっと来ました。

未体験の方はぜひ!

 

コメントをどうぞ

在宅夏フェスパトロール

こんにちWA!凡ミス番長の金丸です。

暑さ寒さも彼岸まで、とはよく言ったもので(この掴み、ちょっと笑点ぽいですね)
気が付けば窓からは秋の空気が。

私の部屋は北向きなので、夏暑く冬寒いという、日常から修行のできる条件ですが
夏から秋へのスイッチ時期に関しては堪らない気持ちになれます。へへ。

さて、この時期と言えば。
毎年恒例の在宅夏フェスパトロールの時期ですね。

7月8月に野外であった夏フェスを、各テレビ局が音楽番組として編集し
オンエアしており、今年もザザザーっと楽しく拝見いたしました。

見たのはフジロック、サマーソニック、ロックインジャパンの3フェスティバルです。

お目当ての演奏家がいる訳でもなくフラットな気持ちで挑んだ今年のパトロール、
夏の思い出(ちょっと違うけど)は以下の通り。

・奥田民生氏の安定感がすごい
→あの方、緩いとか適当とかそういうイメージがあるみたいですけども
実はね、すんごく歌がお上手なんですよ!上手って何かてのは置いといて
ほんとに素晴らしいです。ああいう大人になりたいなー

・ももくろの成長は斜め視聴(斜め読みの視聴バージョン)でも伝わる
→去年の極楽門から約1年。活動の幅の広がるももくろの皆さんですが
ちろっと1曲見るだけでも解る、なかなかのご成長ぷりを感じました。
極楽門のころの売りは、100%で押し続ける少女たちのがむしゃらさ、かなーと見ており
とても感激してましたが、今年の彼女たちには余裕がありました。
パフォーマンスに良い意味の隙間みたいなものがあって、経験とか歳を重ねるって
こういうことなのかなーと。すんごく格好よかったです。
あと、曲の中で百田氏がマイクを置いてポーズを決めて、そのマイクをれにちゃんが
彼女に渡し戻すところがあるんですけどね。(ポーズじゃないかも)
自分が部活をやっていたころの、ステージ上での些細な助け合いを思い出しまして。
懐かしさやら少女たちの美しさに心うたれて、泣いてしまいました。
これはパフュームのステージを見て泣いちゃうのと同じ原理かと思います。

・モーモールルギャバンが好き
→ まだの方は是非。

・遅ればせながら、ノエルギャラガー氏って格好いいんですね
→最近、彼、若しくはオアシスばかり聞いています。
なぜか今まで触れたことがなく、そりゃみんなのハートを掴むのも解るわーっと思いました。
鳴りも素敵だったし、佇まいもなんか同じ人間じゃないような…
あと常に英語を使っている方の英語はやっぱ説得力ありますよね。当たり前だけど。

その他、おおはた雄一、シェウン・アニクラポ・クティ&エジプト80、toe、
筋少、高橋優、JAMIROQUAIなど、楽しくみせていただきました。

私もガンマルマー!
またカキマ。

 

コメントをどうぞ

変化のとき

宮益坂のスタジオから見えるコンセプティブな居酒屋さんの
それが変わったようです。


以前のsexy居酒屋から

アイドル居酒屋へ
時代はお色気よりも偶像を求めているということでしょうか

そして10月の本番を控えたjazz天満宮にも変化が。
バンドの男性の半数以上がお父さんになりました。おめでたいことです。

初めて会った時はまだまだ少年だった彼らですが
移り変わりゆく季節の魔法を見てるみたいですね。 (と、曲の中でも歌う予定)

アンコールの曲が新曲で、これまた切なくも美しい秋の逸品完成の予感です。
練習しよー!ぜひ遊びにいらして下さいね。

わたくしは身体の変化を求めグリーンスムージーを初めてみましたよ。
(でも実際は美味しいから続いているだけ)

いろんな配合を試しましたが一番美味しいなと思うのは
小松菜+バナナ+桃+ヨーグルトですね。

葉物はほうれん草やモロヘイヤも美味しいですけども、
いまのところ小松菜かなあ。

もうちょい涼しくなったらりんごも入れてみたいと思います。
身体への変化はいまだ実感なし。

すぐに変われると思ったら大間違いなのです。
太ったのとかはすぐに解るのにね。

またカキマ!

コメントをどうぞ

九九のうた

たまにはミュージシャンらしくミュージックレビューなど書いてみたいと思います。
(※学術的にあってるかは解りません)

今回皆様にお届けする曲は九九のうたです。

さあ、再生ボタンを押してみてください。

80年代を思わすようなエレクトリックなイントロが聞こえてきました。
16分連符のフレーズがこれから巻き起こる何かを予感させるようです。
でもご安心を。キーはin C。緊張させつつも安全運転であることがこの時点で推測されます。

1の段の歌が始まると、もうお気づきですね。
今までは16のノリだったのが8ビートに落ち着きました。
これはやはり、曲のメリハリということでしょうか。

1の段、2の段で安心させて、3の段も簡単簡単と思っていると…
ほら来た!急に4拍子+2拍子(×2)になった!
そしてオチの3×9=27だけ普通の4拍子に戻って解決しちゃって、もう!

3×7(≒まだまだ解決させないよ?もぞもぞしてなさい)
3×8(≒だめだめ、もっとためてからじゃないと解決させないわよ?じらすわよ~?)
3×9=27!(≒ほーら、こうしてほしかったんでしょう?)

こういう事を調教というのでしょうか。一番厄介であることを物語っています。
しかしこの時はまだこの程度のタメが赤ちゃんレベルだということを知る由もないのです。

4の段は3の段でのタメのことを忘れさせるような爽やかさを覚えます。

そして5の段で急にポリリズムのお出ましです。
いったん5×5で落ち着いたと思わせておいて 5×7、5×8で緊張させ、
ブレイク「ごっくしじゅうごー(F→Fm→C)」 お見事、ばっちりしまりました。

さあ、前半戦も終わりここからどんどん覚えにくくなりますよ~?

おや、6の段から、曲が前にどんどん進みだしました。
何やらベースとドラムがぐんぐん引っ張り出しましたよ。

会場のお客さんも、ちらほらと席から立って手拍子を始めたようです。
曲を注意深く聞いてみると「ろくいちがろく(1234)」と、4拍の隙間があります。
どうやらこの4拍の間に「ろくいちがろく」を繰り返す仕組みのようです。
まさにコール&レスポンス、ライブの醍醐味ですね。

そして、先程までの難解なメロディとは違って
すぐに真似できるような親切なメロディも特徴ですね。

そしてコール&レスポンスの熱は7の段にも続きます。

6、7の段と全員で合唱した後はちょっとしたクールダウンが欲しくなりますね。

そこへきて8の段です。
どうです、このまるで気持ちを代弁してくれるかのようなディミニッシュ。
お客さんの歌う場所を作っていたのに、それもなくしてしまいました。

しかしこれが前述の極上のタメだということに皆さんもうお気づきですね。
もうすぐ来るであろう、フィナーレ「9の段」に向けて一度曲のテンションを落としたのです。
そして今までの段では何があろうと×9の部分で必ず解決していたのに
ここでは不完全燃焼のままです。
8×7、8×8の展開が8×9の解決しなさをより際立てています。

そしてついに9の段がやってきました。
会場の客電も少し明るくなり、ステージ奥のスクリーンが上がるとなんと!
後ろに控えていた弦楽器の皆さんが白玉音符の伸ばしで楽曲に深みを与えだしました。

お客さんも全員立っています。
歌う方、手拍子をする方、踊る方。 思い思いの楽しみ方をしてますね。

そして最後、今回はCDなので異なりますが
ライブでは 「くくはちじゅーーーーーー」ここでフェルマータ。
ドラムのカウントで「いち!」で 音楽がもう一度はじまります。
そしてアウトロのフレーズを何度か回して大団円です。

以上です。お付き合いありがとうございました。

コメントをどうぞ

8月の記憶と戯言

四畳半セッションの動画が届きましたYO!
そうそう、こんな感じで即興でお話作って、そこからニアネスに行ったんでしたYO!
かなり酔っぱらってますYO!
お客様が楽しそうでなによりです。

 

コメントをどうぞ

9月ですね

TOPページの画像の撮影をしてきました。
お友達に撮ってもらいました。ありがたや・・・・・
おもろかったです。

カラーだとこんな感じです

4件のコメント