月別アーカイブ: 2月 2012

チェックワンツーはぁはぁ

ご無沙汰してしまいましたが
生きてます!

また近々書きます~

コメントをどうぞ

無事終了のお知らせ

おうどんよりお蕎麦派の金丸でございます。
いかがお過ごしでしょうか。

暖かくなりそうでならなそうな2月の毎日ですが
先日恵比寿bar yayaさんでの金丸明日香ちゃんとのツーマンライブを
無事にお勤めさせていただきました。

当日は沢山のお客様に遊びに来ていただきまして
感無量でした。

シンプルなことですが、人様の前で演奏できることや
表現を楽しみにしてくださる方がいらっしゃることに
心から感謝しています。ありがとうございました。

バレンタイン間近ライブというのもありチョコレートをお配りしまして
しかしながらそれ以上に皆様からクッキーやらお花やらチョコやら
雛あられやら手作りのおかきやらいただき、
デブ街道まっしぐら・・・ではなくて大切にいただきたいと思います。

次回のライブは3月4日の赤坂B♭です。
先日そのビックバンドのリハにお邪魔しましたが、素晴らしく格好よかったですよ。

詳細が解り次第お知らせいたしますので、 
そちらもよろしくお願いいたします。

ご報告まで!またカキマ!

こういう怒ってる感じの顔で写ることが多い。そしておーたん(中央)もこういうにやけ顔で写ってることが多い。

 

コメントをどうぞ

今夜は最高

ヨーグルトの中にグラノーラいれて食べたい、金丸です。
いま夜中の2時なので我慢・・・グラノーラないですしね。てへ!

さて2月11日のバレンタインの香りのするライブ用のリハーサルしてきました。

今回はギターとサックスと歌の3人でお届けする予定です。
少人数でのアンサンブル、特にベースとドラムがいないこの編成は
サウンドやグルーヴ作りに、なかなかのやりがいがございます。

例えば、16ビートには跳ねているものと、そうではないものがあり、
ギターの齋藤兄さん曰く
「跳ねたり、跳ねなかったり、一瞬聞いただけではどちらか解らないような、
どっちも混ざっているビートが一番格好いい」とのこと。
解るわあ、わたしもそれ言いたかったんだよ~!

これがベースやドラムがいると意外と乗れちゃうんですが
今回はそうではない訳で、富良野だけでなく、横浜のスタジオも寒かった訳で・・・

それらが混ざったニュアンスこそいちばんおしゃれだと思いますし
わたくしの目指す部分でございます。
そして揺らいだサウンドは、お客様のお耳にもきっと心地よいはず。

その他、即興性溢るるアレンジのバレンタインの名曲や、
ジャズのスタンダードナンバーなど
各種様々取り揃えてお待ちしております~

お問い合わせご予約は、わたくしかお店までお願いいたします(にっこり)

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

2月11日(土)
★キャンドルの灯りでしっぽり 其の2

12月にも共演させていただいた、キュートなボーカリスト金丸明日香ちゃんと
ツーマンでタイマンはらせていいただきます(タイマンではないです)
ギターと、今回はサックスと歌のトリオで優しい時間をお届けする予定です

場所 Bar yaya ebisu
open 19:00
start 19:30
チャージ 1800円+1drink

予約 03-3473-3113(Bar yaya ebisu)
住所:東京都渋谷区恵比寿1-12-7三恵31ビル3階
(恵比寿駅から徒歩5分程です)

HPはこちらから
※非常に小さなお店なのでぜひお席のご予約をお願いいたします
▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

リハのときの話題より。懐しいなあー

コメントをどうぞ

2月ですね

こんにちは。
じゅんという名前に反応、金丸です。
みうらじゅん、風吹ジュン、堀江淳、美保純、江藤淳・・・みんな素敵でしょう。

さて、そんなビューティフルネームとはまったく関係ないですが
先日Kirk Franklin氏のライブに遊びにいって参りました。

いやー格好良かったです。

言葉でどうこう表現するのがアホらしくなる位、
超越した空気というか・・・

わたしはクリスチャンではないのでゴスペルの本当の意味は
理解出来ていないのですが、
ステージから溢れるパワーに圧倒されまして、各所で泣いてしまいました。

多分、「超えられない壁はない(英語)」や「悲しみは去った(英語)」などを
本当の気持ちで願いながら、希望を持って歌うことで
言霊というんでしょうか、言語を超えた何かがびんびん伝わってきたのだと思います。
不思議なものです。

かと言って、胡散くさいスピリチュアルな雰囲気はなく
ステージ上はいたって自然で楽しそう。いいなあ、バンド。

メンバーの皆さんの仲のよさが感じられ
こちらまで、同じ話題に加わっているかのような気持ちを共有させていただきました。

ライブを楽しませてくれたことへの感謝の気持ちと
Kirk Franklin氏にはKirk Franklin氏のやり方があって
わたしにはわたしのやり方があるはずだ、という
例のごとく、誰からも頼まれていない妙な使命感を持ちながら
アーバンシテー六本木を後にしたわけです。

わたしのやり方について
今年は「決まっていない中での自明の理」と「決まっている中での自由」が
テーマなのかなと思う今日このごろです。

偉そうに書いてしまいましたが、
デュオやソロ、セッションなどの自由度の高い場所での自明的格好良さと
ビックバンドや大きな出し物の中の一部として機能する際に楽しく壊すことの
二刀流で精進していきたいと企んでいます。

応援よろしくお願いいたします~
またカキマ!

 

コメントをどうぞ

3月10日(土)

★四畳半セッションという場

繊細さと大胆さを兼ね備えたパキパキ系トランペッター、
武藤コウスケ氏(http://koskevich.blog.fc2.com/)主宰のセッションにて
ホスト?ホステス?させていただきます。

即興性の高い夜になることうけあいです。
かといって小難しいことは一切なし!!

飛び入り参加やリクエストなど喜んでお受けいたします~
(リクエストは勝手にアレンジする予感)

場所 @Dining Bar ZOO(野毛)
start 20:00あたり
no charge