月別アーカイブ: 12月 2011

大晦日です

こんばんは。

なにもせずとも時間は過ぎてしまうのか過ぎてくれるのか
今日は12月31日です。

1年の終わりが寒い時期でよかったなあなんてちょっとセンチメンタルなことを
思ってみましたが、
ある意味では毎日が1年の始まりであり終わりであり、
もっと言えば、今この瞬間が始まりで終わりなので、
心持ちひとつで世の中の見え方は変わるんだなあーんてな!

それはそれとて、みんなでこの年の瀬感を共有して、
1年間の思い出を労いあうのは素敵なことですね。

皆様、今年も本当にお世話になりました。感謝しております。

今年はいろんなことがありました。
社会的な困難も、、個人的な幸せも、おひとりおひとりのハートに
いろんな記憶が焼きついていることと思います。

わたしは、音楽とかお風呂とかお酒を飲むことや
楽しくおしゃべりすることが好きなのですが
それらすべては感覚的に何かが開放される瞬間というのを与えてくれるんですよね。

なにも準備していなくても身体がふと軽くなるというか
自分と自分じゃないところの境界線がなくなってしまうとうか
鼻の奥のほうが広がるというか
心臓を強く掴まれたあとに、ぱっと離されるような感じというか

そんな小さな奇跡は幸せと密接な関係があり、
また、それは一人ひとり感覚や対象物は違えど
自分にとっての光のような存在を必ず持っている気がしてます。
そしてあなたがそれに触れたとき
スーパーマリオが☆を取ったときの様な、あなた自身がキラキラを放つのかなと思います。

皆様にとってのそれはなんでしょうか。

この先、何があるか解らないけど
ふだんの生活の中でちょっとした光に触れ、皆様自身が輝き続けますように。

そしてわたしの発信するものが、もしもそれに貢献できたら
わたしは本当に世界一の幸せ者でございます。

コメントをどうぞ

孤独

孤独 割と好きです。

で、孤独って何のことかとすれば、あんまり定まってないんですけども
例えば最終的な結論や行動は自分自身しか決められない
(愛する誰かが人質に捕らわれていて、致し方なく行動する場合はちょっと純度が落ちますけど)
とか、

あとは単純に一人だけでいる、とか。

お前、本当の孤独を解ってねえな!というご意見があるかもしれませんが
確かにそちらがおっしゃるところの本当の孤独は
わたしは解ってないのでごもっともなんですけどもね・・・

人間が孤独であることを自覚するのって
生活していく上での柔軟さとか優しさとか強さを得ることにつながるのかなあって思います。

なんとなくそんなことを考えてました。

明日はお仕事のあと、お友達のお誕生会があるんですって。

おいしいサングリアがあるそうでそれも楽しみです。

コメントをどうぞ

トナカイの角が落ちた夜

においで言うと透き通ったスープの香りとのこと、金丸です。
驚異的に嗅覚の発達している知人がいらして、すべてのひとにそれぞれのにおいがあり
彼女はそれによって誰が近くにいるのかなど、そういうことが解るそうです。

思い切って自分が何のにおいなのか聞いてみたら
たとえて言うなら「透き通ったスープ」とのこと・・・
へどろのにおいとかじゃなくてよかったです、ホッ!

さてさて本日は年内最後のライブでした。

遊びにいらしてくださった皆様、会場ではお会いできませんでしたが
遠隔より気持ちで応援してくださった皆様、どうもありがとうございました。

今回のライブは12月23日の年末ということも手伝いまして
クリスマス+忘年会のような、ややこってりめ、スケールの大きめな曲などに挑戦しました。
結果としてお客様の笑顔を拝見することができメンバー一同心より感謝しております。

ライブは楽しいです。
最近ようやくライブの遊び方がなんとなく解ってきた気がします。

練習どおりに演奏することも大切です。
ただ、その場に居合わせた人々や、雰囲気など様々な「今」が偶然が重なって
その瞬間でしか成しえないひとつの舞台が出来るのかなあと思います。

舞台というのは、演奏者側だけではなくて
客席もお店のカウンターも全部含めてひとつの舞台というか・・・

そのタイミングでお客様のどなたかが笑わなかったら、
隣に立っているミュージシャンが思いもよらぬプレイをしなかったら
次、それに答えるべく自分のフレーズは出てこないわけですよね。
簡単にいいますと、そういうことの繰り返しなんだと思います。

ただ、何か面白いことを表現する上で技術があったほうが助かることも多いので
今後も精進して行きたいと思います。

来年もいろんな現場で沢山の人に出会えたり、刺激と安心に触れられたらいいなあ。
そして私も誰かのそれになれたらいいなあ、と願いつつ。

素敵なクリスマスや年末をお過ごしくださーい。マタカキマ!

コメントをどうぞ

essoにて

東京jazzがテレビで放送されたので見てみたら
ミッシェル ルグランのトリオが出てまして。

ご存知シェルブールの雨傘のテーマをその場でアレンジを変えて
どんどん演奏していく、というのをされてました。

ルグラン氏が「じゃ次、ジャズワルツ~」とキューを出すと
ドラムとベースがついて来るわけです。
その他、ボサノバやニューオリンズ、
最後は「ロシア~ン」といってコサックダンスの音楽のような
アレンジでさらっと終わり。
さりげなさ、おしゃれさにもほどがありますわ・・・

ということで見直してみました。シェルブールの雨傘。

エンディングは今の時期と被るんじゃないですかね。
この数分で充分泣けます。切ない。

 

コメントをどうぞ

クリスマスキャロルが流れるころには

君と僕の答えもきっと出ているだろう。

なんたることでしょうか・・・
稲垣潤一さんの曲ではドラマティックレインが好き 金丸です。

先日のライブのときにお客様よりいただいたコーヒーがおいしいです。
水出しコーヒーっておうちでは飲んだことがなかったのですが
簡単ですし、これからも続けたくなるお味でございますな~

さて、jazz天満宮は23日のライブに向けてリハーサルしておりますよ。

j天のお祭りバンドっぷりは常に健在で、さらに12月23日という
日程が拍車をかけ、冬というのにこってりとした仕上がりになりそうです。


↑こういう雰囲気にするはずが
南半球のクリスマスみたいな感じになりそうな予感

お友達と、デートで、おひとりで。
ぜひ我々と楽しい時間をすごしませんか。
3セットありますので、21時ごろから来ていただいても
遊べますよ~(にやにや)
ご来場こころよりおまちしております!

■12月23日(金)
■桜木町king’s bar
■open 19:00
■start 19:30
■チャージ 2.300円(1drink+1snack付き)
■045-671-1601
■HPはこちらから
http://kings.bufsiz.jp/index.html

コメントをどうぞ

DはドラえもんのD

こんにちは。
好きな松田は翔太の金丸でございます。

16日の金曜日、金丸明日香ちゃんと恵比寿でライブいたしました。
ご来場の方、遠くで気持ちで応援してくださった方、どうもありがとうございました~!

皆様の前で表現できるありがたみをじわじわ感じております。
まさに冬の日、外から帰ってきてあたたかいお部屋に入ったとき
耳が徐々に溶けていく様な感じで・・・(伝わりにくいですかね)

この企画に誘ってくれたあすかちゃん、バンドの齋藤さんとむっちゃん、
bar yaya ebisuのマスターにも心から感謝です。わたしゃ恵まれてるよ、ほんとに。

当日は我々がトナカイに扮しお客様のご機嫌を伺った(?)わけですが
アットホーミングな雰囲気の中、人と人の距離が近く柔らかい時間が
共有できたのではないかなーと思っております。

あすかちゃんのファンの方から素敵なクリスマスプレゼントまでいただいてしまいました。
日ごろ彼女が、お客様を本当に大切にしている姿を垣間見た気がします。

個人的にはギターとフリューゲルホルンとのトリオは初めてで
あるいみ挑戦のライブだったのですが、
本番というものの捉え方やアンサンブルの部分で気がつくことがあり、
これもまたじわじわ来ております。

言葉では解っていても実感する、っていうのはこういうことだというか。
じわじわ・・・まるで、冬の日、外から帰ってきてあたたか・・・もうよいですね(てへ!)


キャンドルの灯りって優しいですね・・・

さて、そんな感動をこころに宿しながら
今日はj天のライブのリハーサルに行ってきました。

j天ではリハーサルマーク(http://www.weblio.jp/content/%……C%E3%82%AF
のDを「ドラえもんのD」と呼んでます。どうでもいい情報でしたね!

23日の本番もぜひお楽しみになさってください~

またカキマ!


マネージャーA氏とその彼氏と行ったお店にて
奇跡のメモ

マネージャーも鹿

コメントをどうぞ